もぐもぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルモッタン美術館展に触れる

5x0hakwh.JPG前回人気blogランキングについて書きましたが、今覗いてみたら学生ので7位になっていました!!驚きです。もしかして、自分で更新しながら確認で読んでいた分で健闘しているのでしょうか…。だったらすみませんです



さて、『マルモッタン美術館展』という高尚なものを美術館に観に行って参りました。豪雨にも関わらず、最終日三日前ということで大変混み合っていました。チケットには大きく丸で囲まれた「モ」が書いてあったため、自分専用かと錯覚するほどにわくわくしました。(勘違い甚だしい)特に芸術に精通しているわけでもない私ですが、絵や書を描いたり、観たり聴いたりするのはなんとなく好きなのです。そもそも「マルモッタン」ってなんなんだ、心躍る響きに心惹かれたのでした。マルモッたん。なんか可愛いこの美術展、簡単に言ってしまえばパリのマルモッタン美術館というところから、印象派の「モリゾ」という女性画家と「モネ」という男性画家の絵をメインに借りてきたよ、というものでした。



何も詳しくない私的リポートとしては(実際違ったらすみません)、モリゾは娘などを中心に人物を表現していて、モネは風景画が中心でした。モリゾは女性らしく温かいタッチで、描いているモデルを愛しく思う気持ちが伝わってくるなぁと思いました。モネは睡蓮など(何種類もあるシリーズらしい)の作品が有名だそうですが、私は3点しか見つかっていないといううちの一点だった自画像がとても良いなぁと思いました。顔は優しい眼差しで、上半身ははっきり描かれていて、下半身はアウトラインしか描かれていないラフな感じなのですが、しっかり脚が見えるんです。不思議。晩年は視覚障害による作風の変化が現れていました。なんか渦を巻くようなタッチで、油絵の具の重ねが増しているような感じ。これまた不思議でした。



最後にモリゾの人物の入ったポストカードを5枚チョイスして買ってしまいました。あと、美術館オリジナルの彫刻ポストカード。これで現代彫刻美術館のお姉さんにお礼状を書こうと思います。(過去blog参照)



・・・で、今回の写真はちょっと小さくて見えづらいかもしれません。美術館の庭にどーんといたのですが、見た瞬間友達が「田中康夫知事に似てる!」と大発見をしました。確かに似てる気がー!!でもちょうどその後TVで田中知事を見たら、前のイメージよりほっそりされていました。ちょっと残念。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。