もぐもぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京小話・其の五

ktfajopp.JPG現代彫刻美術館で高尚な気分と心あたたまる気分に浸りながら、続いててくてくと歩いて行った場所がここです。「寄生虫博物館」です。



ここについては以前から本で紹介されているのを見たことがあって(ねこぢるさんのエッセイとかで見た記憶)行ってみたいなぁとひそかに思っていたのです。ビルの1階と2階が展示室になっていて、ホルマリン漬けの標本やらパネルやらいろいろな展示がありました。客層は「やたら真剣に見学しているサラリーマンのおじさん」「幼稚園帰りの男の子とおばあちゃん」「なんとなく謎なカップル」といった不思議さでした。しかし、一人で訪れている私が一番怪しいっちゃ怪しいこと請け合いです。



2階にあったのがこの写真。ます寿司を食べた人にいた寄生虫で、18mあるそうです!!おそろしや・・・。なんともステキなのが、標本のとなりにハンガーがあって紐が巻きつけてあり、同じ長さの紐に触れることが出来る演出です。しかも巻き付けすぎるとからまるので気をつけて下さいみたいな注意書き付きです、親切。



真剣に標本を一つ一つ見るちびっこに、「全部同じだから帰るよ!」というおばあちゃん。なぜか4人連れの今風若者が現れたり、なかなか客層も興味深いです。また、オリジナルグッズがあり、それを買いたい人は内線で係りの人に注文します。内線を利用するくらいですから特に案内の人とかはいないのですが、やけにグッズは凝っています。Tシャツやストラップはまだ基本かと思いますが、オープンハート風デザイン(しかし形は寄生虫モチーフ)のシルバーネックレスまでありました。ぱっと見まさか寄生虫には見えません。素敵勇気がなくて注文は出来ませんでした。



帰ってからおじさんに報告したら「なかなかユニークなところに行くねぇ」と感心され、メールで報告した人には「行ったこともないし行きたいとも思わない」と言われました。母にはうらやましがられました。こちらも無料で見学出来てオススメですよ♪♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。