もぐもぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園・オリンピック

heu5cwpt.JPG引き続き、高校時代のソフトボール試合についてちょこっと。



試合中はほぼずっと声出しをして、チームを盛り上げる&相手を威嚇するのです。そんな中、負けている状態で7回(ソフトボールは最終回)を迎え自分のチームツーアウトになったりすると、「このまま負けそう」という気持ちと「負けたくない」という気持ちがごっちゃになって、じわじわと涙が出そうになって、威勢のいい大声を出しても震え気味になってしまったなぁっていうことがしばしばありました。でも優勢の時も嬉しさでうるうる来るってこともあります。甲子園を見ていてそんなことを思い出しました。ぱっと見は動揺していないような選手もきっと心の中では相当いろいろ考えているのだなぁと思います。



特に野球とかソフトとかは、守る時と攻める時がはっきりしているので、ちょっとでもムードが相手寄りになるとミスが連発しやすいのではないかと思います。攻守とも。しかも結構審判の判断が重要なので、意図せぬところでミスにされたりもしがちな気も。特に球審なんて、機械じゃないから難しい!!私も最後の試合でバッターボックスで構えないうちに投げられて、それをストライクにされてかなり立腹しました本当はちゃんと構えてからじゃないとルール違反なのに。あの球審には納得いかずです。未だに根に持ちたいくらい~。でも高校時代の審判はみんなボランティアみたいなものだったらしいので、ありがたいんですけどね。



私は自分がミスしても、チームの誰かがカバーしてくれれば勝てたり、自分も誰かのカバーが出来る団体競技が大好きです(特に私は運動音痴なので)一人が上手くても成り立たなくて、いろんなバランスで成り立てるっていうのがたくさん可能性があって面白いんです!!上手い人が集まったからって必ずしも上手くいくとはいえないし。チームワークってスポーツに限らずとても大切で面白いものです。



あ、勿論個人競技も好きですよ。オリンピックも熱いし
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。